×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[目の不自由な人]

洒落にならないか銅貨はわかんないけど
一応私は怖かったので
長文なので小出しで、ダメだったらやめまソ

就職して田舎から出てきて一人暮らし始めたばかりのとき
会社の新人歓迎の会で、深夜2:00過ぎ頃帰宅中の花氏

その当時住んでたマンションは住宅地の中にあり
深夜だとかなり暗く、また人通りもほとんどなく
私はビクビクしながら一人帰宅していた。

やっと自分のマンションが見えホッとしたところ
向こう側から女の人が歩いてきました。
その女の人が、なんというかフラフラっという感じで
とても不自然な出てきかた? の、ように感じたのを覚えています。

女の人だったので気にもとめずマンションに入ろうとすると
その女性がマンションの入口近くに
路注してあったワゴンにぶつかって、ドタっと倒れました。
よく見るとその女性は、サングラスに白い杖を持っていました。

わたしがあわてて駆け寄って
「大丈夫ですか?」と助け起こすと
その女性は全くもってハッキリしないくぐもった
小さな声で「大丈夫」ということをボソボソいっていた

まだ20代の女性でやっぱり眼が不自由と思われ、
こんな深夜に大変だろうと
「どちらへ逝かれるんですか?」と尋ねた。
するとその女性は、
「この近くの友人のマンションを訪ねるつもりだったが、
迷ってしまった」みたいなことを
またボソボソと言った。
それから、「今自分がどこにいるのか分からなくなってしまった。」
「この近くなのでよかったら連れて行ってほしい」と頼まれました。

私は眼の不自由な人の手助けをするのは、当たり前だと
「いいですよ。」といいました
「じゃあ、腕を組んで連れて行って下さいと」
急に元気になったその女性と歩き出しました。

私達は腕を組んで歩き始めました。
「どんなものが見えるか」としきりに尋ね
「では左へ」「その次を右へ」と深夜の住宅地を腕を組まれ歩いていました。
その時、車が正面より通り過ぎていってライトがあたった瞬間
その女性が、明らかに私の表情をうかがっている様子で
こちらを見ているよう眼がサングラスの中に見えました。

こうなると疑わしいのと自分が置かれている状況に
(その女性に右手を両腕で組まれている。左手にはハンドバック)
はじめて恐怖がやってきました。(遅
ですが、本当に眼の不自由な人だったらという良心の呵責もあり
2人でたっぷり15分は歩きました。
またその道中、その女性は話す内容は
「今から尋ねるのは私と同じ障害者です」
「その子はまだ小学生で、両腕が無くなってしまいました」
「ずっと落ち込んでいるのでセーターを編んであげたのだが
腕の部分をどういう風にしたらいいか迷った」
など、クリ−チャ−な話題満載で
私は人生初めての恐怖にもう泣きそうになって必死で相槌をうってました。
連れて行かれるところはドンドン人気のない暗い方向です。

続く