×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[花束]

高校生時代、陸上部で短距離走をやっていた俺は、夜学校が閉まってからも
練習をする熱心なスポーツマンであった。
といっても、学校内に残って練習するわけではなく、自宅周辺の道路を走る
のである。中でも練習に好都合な場所は、100メートル程の長さのある橋の
歩道であった。住宅地では不可能な100メートルダッシュの練習が、
思いっきりできたのだ。だがその橋には縁起の悪い問題があった。

自殺である。

河を渡るために30メートル程の高さがあるその橋は、街灯も少なく、
投身自殺者にとっても絶好のポイントだったのである。
実際、飛び降りポイントらしき橋の中間点には、花が添えられている
ことが多かった。
 投身自殺者があの世へ向かう速度よりも速く突っ走ることに
情熱を注いでいた当時の俺は、そんなことはお構いなしに橋を練習に
使っていた。むしろ自殺が起こらないようパトロールしてやる!
くらいの意気込みであった。

ところがある日、奇妙な光景に出くわした。
白いワンピースを着た少女が、夜の橋の歩道を疾走していたのである。
(ユーレイ!?・・・でも、脚あるし・・・)
俺が訝しげに遠くから眺めていると、少女が走り終わった先に数人の人影
が見えた。四角い機材を担いだ者、槍のような棒をかざした者、照明を
持った者・・・
(あぁ!!映画か何かの撮影か!)
学生らしき団体の、映画製作現場だった。
しかし、そいつらの行動が眉唾モノであった。
「あれ、ジャマだよね!」
「でも触ったらヤバいって!」
「いーからwポイしちゃお♪」
そんな旨のことを話てたと思う。メンバーの一人が橋の中間点に歩み寄り、
何かを拾い上げたかと思うと、河へと投げ捨てた。
(オイオイ、あの場所って!)
辺りが妙な静寂に包まれる・・・

年上のグループに文句つける勇気もなかった俺は、彼らが立ち去った後、
橋の中間点に行ってみた。
―案の定、昨日まであった花が無い、花瓶ごと・・・。
(何てことしやがったんだ奴等は・・・!)
 色々な意味で、愕然とした。

翌日、俺は日頃からのショバ代的な意味合いも含めて、
捨てられた花の代わりに適当な野花でも置いてやろうと考え、橋へ向かった。

「何じゃこりゃっ!!?」
橋に到着した瞬間、思わず声に出した。
紫の夕暮れ色に染まった橋の歩道、いつも花が添えられている場所、
その場所に大量の花束が添えられていた。イヤ、山盛りに積み上げられていたといった方が正しい表現であろう。大型ゴミ袋2杯分くらいの量だった。
おまけにどの花束も茶色くカラッカラに枯れ果てていたが、
それを束ねている真っ白な包み紙がやけに真新しく、不気味に俺の目に映った。明らかにドライフラワーなどという爽やかな類のモノではない・・・
(昨夜花が捨てられ、憤怒した遺族の異常行為であろうか?)
何にしろ恐ろしくなった俺は、集めてきた野花だけはさっとその場に置き、
そそくさとその場を離れた。
 しばらく歩き、遠目に橋を振り返る。
―その時、異様なモノが目につく。
(・・・人の・・・手?)橋の欄干の隙間から、橋の歩道に向かって、何か白っぽい棒状のモノが
伸びている。
 もしあれが人の腕だとしたら、橋の外側にぶら下がって掴まり、
歩道に向かって手を伸ばし這い上がろうとしている状態である。
自殺未遂の人?・・・イヤ、アレは人じゃない・・・!直感であった。
そう思って身構えつつ、目を凝らした次の瞬間・・・

 「うぬぅ・・・おぉ〜ん・・・」

 気だるそうな女の声が響き、水にまみれて海草のようになった長髪が、
 べったん!!
 と音を立て、欄干の隙間から歩道にはみ出てきた。
(頭も・・・上がってきている・・・顔が・・・見える!!)
 目を逸らそうとした矢先の、一瞬だった。
 今度は長髪に覆われた青白い人間の頭部のようなモノがにゅっと
はみ出てきて、俺の置いた野花を手に掴んでがつがつと口に含み、

ずりゅり!!

―手・髪・頭ごと、橋の裏側へ引き摺られるように一気に引っ込んでいった。
欄干の隙間は、どうやっても人間の頭部が抜けられない幅である。
その隙間を、青白い頭部が変形しながらすり抜けていた・・・

 次の瞬間、俺は校内最速記録を確実に更新する勢いで、
自宅まで突っ走った!(ヤベー、マジ脚力鍛えといて正解だったわ〜!!)

続く