×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[しっぽ]

これは、俺の祖父の父(俺にとっては曾じいちゃん?)が体験した話だそうです。
大正時代の話です。大分昔ですね。曾じいちゃんを、仮に「正夫」としときます
ね。正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれば良く山狩りに行き、イノシシ
や野兎、キジなどを獲っていたそうです。猟銃の腕も、大変な名人だったそうで
狩り仲間の間では、ちょっとした有名人だったそうです。「山」という所は、
結構不思議な事が起こる場所でもありますよね。俺のじいちゃんも、正夫から
色んな不思議な話を聞いたそうです。今日は、その中でも1番怖かった話を
したいと思います。

その日は、カラッと晴れた五月日和でした。正夫は、猟銃を担いで1人でいつもの
山を登っていました。愛犬のタケルも一緒です(ちなみに秋田犬です)。山狩りの
経験が長い正夫は、1人で狩りに行く事が多かった様です。その山には正夫が自分
で建てた山小屋があり、獲った獲物をそこで料理して、酒を飲むのが1番の楽しみ
でした。その日は早朝から狩りを始めたのですが、獲物はまったく捕れませんで
した。既に夕方になっており、山中は薄暗くなってきています。正夫は、「あと
1時間くらい頑張ってみるか」と思い、狩りを続ける事にしました。それから
30分ほど経った時です。正夫が今日の獲物をほぼ諦めかけていると、突然目の前
に立派なイノシシが現れました。子連れです。正夫は狙いを定め弾を撃とうとし
ましたが、突然現れた人間にビックリしたイノシシは、急反転して山道を駆け上が
って行きます。正夫は1発撃ちましたが、外れた様です。愛犬のタケルが真っ先に
イノシシを追います。正夫もそれに続き、険しい山道を駆け登りました。

15分ほど追跡したでしょうか。とうとう正夫はイノシシの親子を見失っ
てしまいました。タケルともはぐれてしまって途方に暮れていた所、遠く
でタケルの吠える声が聞こえます。その吠え声を頼りに、正夫は山道を
疾走しました。さらに10分ほど走った所にタケルはいました。深い茂み
に向かって激しく吠えています。そこは、左右に巨大な松の木がそびえて
おり、まるで何かの入り口の様にも見えます。正夫は、そこを良く知って
いました。狩り仲間の、いえその周辺の土地に住む全ての人々の、暗黙の
タブー、「絶対入ってはいけない場所」でした。正夫は、幼い頃から何度
も両親に聞かされていたそうです。「あそこは山の神さんがおるでなぁ。
迂闊に入ったら喰われてまうど」と。しかし、何故かその禁断の場所から
さらに奥へ進むと、獲物が面白い様に捕れるのだそうです。ただ、掟を破
り、そこに侵入した猟師などは、昔から行方不明者が後をたたないそうで
す。

しかし、タケルがその茂みに向かって果敢に吠えています。あのイノシシ
親子が近くにいることは間違いないのです。正夫は誘惑に負け、禁断の地
へと足を踏み入れてしまいました。時刻は午後5時を過ぎており、まだ
何とか周りは肉眼で見渡せますが、狩りをするにはもう危険な明るさです
。タケルも先程から吠えるのを止めています。「流石にもう諦めるかな」
と正夫が思っていた時、再びタケルが猛然と吠え出し、駆け出します。
正夫もそれを追い、50mほど走った所でタケルが唸り声を上げながら
腰を落として、威嚇の体勢をとっていました。「とうとう見つけたか」と
正夫は思い、前方を見ると、そこは少し開けた広場のようになっていまし
た。そこに黒い影がうずくまって、何かを咀嚼する様な音が聞こえてきま
した。凄まじいほどの獣臭が辺りに漂っています。正夫は唾を飲み込み、
地面に片膝をついて猟銃を構えました。

続く