×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[不可解な客]

電話関係の仕事をしています

数ヶ月前のある日、都内某所のワンルームマンション
そこは、オートロック式のマンションで、三階建ての建物でした。
築大体3年目位との事でした(ビル管理会社のお話し)
で、そのマンションのある所に、作業に行った時の話です。

作業を行なう時は、必ず、前日に、確認の電話をうちの会社では入れます。

私は、連絡先に指定されていた、携帯電話番号に、連絡をれました。
大体8回位のコールのあと、その(仮にAさんとしておきます)Aさんが出ました。
「・・・・・はい」
妙に沈んだ声です。「
「お世話になっております、私○のBという物です、
A様の携帯電話でございましょうか?」
「・・・・・・・・・・・はい」
しばらく間をおいて、また、えらく沈んだ声で、返事が返ってきました。
「・・・・・の件で、A様の作業ご希望日『明日・午後』となっておりますので、
明日・15時頃作業のためにお伺いしたいのですが、ご都合の方はいかがでしょうか?」
「・・・・・・・・・・・・・はい」
都合がいいのか、悪いのか、はいと言う返事では、解りませんが、取り合えず、
了承した、と受け取り、明日うかがうこと、作業開始前に、携帯に連絡を入れること
等を、再度伝えます。
その事前確認の時から、変といえば、変でした。
何を言っても、少し間をおいて、「はい」という返事しか来ないのです。
でも、まあ、妙な客はいますし、その時は、「嫌な客・変な客系」
の人じゃないだろうな。という心配はしましたが、特に、気にもしませんでした。

翌日、午前の作業を終えたあと、件のAさんの所にうかがいました。
賃貸マンションのため、ビル管理会社の人も、同席します。
近場のコインパーキングに車を止め、マンションに向かう前に、
これからうかがう旨を、携帯で連絡します
「・・・・・・・・・・・はい」
「昨日連絡いたしました○のBですが・・・・」
「・・・・・・・・・はい」
「昨日も、ご連絡いたしましたが、作業の方、これからお伺いいたします。
あと5分ほどで、到着いたしますので、よろしくお願いいたします。」
「・・・・・・・・・・はい」
という、妙に沈んだ声で返事が返ってきました。
同僚にCに昨日からのことを話し「絶対、危ない計の客だ・この間の、○見たいな・」
と、決して、客前では出来ない、今まで見た客ネタで話をします。
「やだなぁ、○って、この間の、あのヒッキーみたいな奴でしょ。あの部屋自体が、
やばかったですよね、・・・・・・」
そんなこんな話をしているうちにマンションに到着です。
マンションの入り口にはビル管理会社の人(Dさんとします)が待っていました。
お約束の名刺交換のあと、ロックを開けて貰うべく、連絡をします。
「・・・・・・・・・・・・・」
一回目のコールでは、反応がありません
二回目のコールで、しばらく間を老いて、反応がありました。
「・・・・・・・・・はい」
「先ほどご連絡いたしました、○のBです。作業の方にお伺いいたしました。
ロックの方、解除してもらえませんでしょうか?」
ガチャ
返事の代わりにロックが解除されました。

続く