×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[拾った携帯]

「その携帯・・・ザァー・・・どこ・・・ザァ・・・僕は・・ザァ・・・ザァー・・・にいる。」

その一言が恐怖の始まりだった。

私は川原の道端で携帯を拾った。
持ち主を調べようと思い、
携帯の中身を見る。
その携帯の中には、
画像、音楽、時計などの機能が全くついていない。
不思議に思いつつも、登録されている人物欄を見てみる。

【    】

上のような表記が一件あるだけだ
そう、名前が書いてない空欄だけ。
少し、不気味に思ったが、そこを開こうとした。

その瞬間、その携帯の電話がなった。
恐る恐る、電話に出てみる。

『もしもし』

「・・・」

無言だ・・・。

『もしもし・・・あのぉ、この携・・・』

自分が言い終わる前に相手が喋った。

「その携帯・・・ザァー・・・ど・・・ザァ・・・僕は・・ザァ・・・ザァー・・・にいる」

ノイズが酷くて聞き取れない・・・。
しかし、最初の「その携帯」と「にいる」

これが、聞き取れたので携帯の持ち主が
自分の携帯に電話をかけたのだと自分は思った。

『あのぉ、もしかして、この携帯の持ち主ですか?』

「そう・・・ザァー・・・どこ・・・ザァー・・・ザァー・・・僕は・・・くにいる。」

『すいません、ノイズが酷くてよく聞こえません。』

「・・・」

相手の返答が無くなった。
と、同時にノイズが無くなった。

『あ、ノイズ良くなりましたね。
あの、この携帯拾ったんですけど、今どこにいま・・・』

そう言い掛けた瞬間、恐怖の瞬間が訪れた。

『ぼぼぉおlくくぅぅうはぁああぁあああああああああああ
じじぃぃごごごぉぉぉくくくぅぅににぃぃlいぃぃぃいるうううううぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!』

と、凄い叫び声と、ボイスがまるでスローにしてる感じの声が聞こえた!!

自分は正直氷ついてしまった。
ハッ!!と我に返った瞬間、その携帯を思いっきり川の方に分投げた。

ヒュル・・・ヒュル・・・チャポン・・・
その携帯は、宙を描くようにして川に落ちた。

続く