×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[バレンタインチョコ]

バレンタインが来ると思い出す。

小学生の頃、俺は結構女の子に人気があったのだが、
その頃は女の子とちょっと仲良くしていたりすると
直ぐに噂になったりからかわれたりするので、
本当は嬉しいんだけれど硬派?の振りをして
「女なんかに興味無いよ、俺はサッカー命だから」
と装っていた。

そんな時、バレンタインの日に名前も覚えて無い程地味な女の子が俺にチョコをくれた。
帰りの会は終わっていたが、みんながまだ残っている教室で・・・
その子は1月からの転入生だったので、教室の空気が読めなかったのかもしれない。
あっという間に俺とその子はみんなに囲まれ、
「熱いねえ、お二人さん」
「ヒュー、ヒュー」
と次々にはやし立てられ、
黒板には相合傘を書く奴もでてくるし、大騒ぎになった。
俺は恥かしさのあまり、つい
「こんなのいるかよ!、迷惑なんだよ!」
と怒鳴って教室の窓からチョコを投げ捨ててしまった。
その瞬間、辺りは静まり返り、その子は泣き出してしまった。
クラスの女子達には「可哀想、謝りなさいよ」の大合唱をされ、
からかっていた男子はいつのまにか居なくなってるしで途方に
くれたが、意地になって拾いに行かず、そのまま家に帰った。

家に帰ってしばらくして冷静になると、やっぱりまずいよなあ
あの子泣かせちゃったし、謝らないとクラスの女子に無視されるかも・・
とか色々思い悩んで、暗くなって誰も居なくなったら拾いに行って来よう
となった。

夜10時をまわった頃だろうか、俺はこっそり家を抜け出して学校へ向かった。
夜の学校は異様に静かで不気味な感じだ。
門は当然閉まっているのでよじ登って乗り越え、

続く