×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[きまり]

やっと謎が解けた、原因は”あるもの”を見たからで、
それが何かやっと分かった。
平成10年9月10日、
O県H市にある廃虚に肝試しに行ったのが
”こと”の始まりだった。見なかったことに
しようという暗黙の了解が
いけなかった。。。。。
当時、私とA、Bの私達3人はドライブがてら
よく心霊スポット巡りをしていた。
問題の場所は、有名なところで多くの人達が
連日連夜訪れ、心霊スポットというより何時の間にか
一種の溜まり場となっていた。
その建物は2階建で、強盗殺人によって廃虚となった
と言われていた。
一階には3つの部屋(食卓、応接間、仏壇の置いてある部屋)があり、
床にところどころ穴が空いている以外
各部屋は全体的にきちんとしていた。
二階には4つの部屋(おそらく子供部屋が2つ、寝室、書斎らしき部屋)
があった。
事件が起きたのは2階の子供部屋の1つで、パイプベットと
床には無数の写真が散らばっており、
そこは最も怖い部屋と言われ、肝試しのメインの場所だった。

その日(H10.9.10)は私たち以外に、
3つのグル−プが先に訪れており、
廃虚の入り口となる細道で何やら騒ぎながら話していた。
私たちが入り口に到着すると、
その中の4人(おそらく1つのグル−プ)が寄ってきて、
これどう思うかと言って3枚のポラロイド写真を見せてきた。

3枚とも問題の部屋を撮った写真で、
2枚は部屋の中で、1枚は窓を外から撮ったものだった。
部屋の中の写真は、曇ったオレンジ光がベット上に
写っているものと、その後に撮ったものには
オレンジ光はなく、白い丸い霧が同じところに写っていた。
そして最後に撮った外からの写真には、窓(硝子はない)
に撮っている人を眺めている人影のような
オレンジ光が混ざった白い霧が写っていた。
これらの写真を撮ったグル−プが一番先に到着しおり、
他の2つグル−プも私たち同様に写真を見せられ、
まだ廃虚には入っていなかった。

続く