×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[犬の散歩]

去年のお盆に帰省した時のこと。
久しぶりに会う地元の友人と飲みに行き、店を出たのは日付が変わってしばらくしてからだった。
夜中とはいえ、まだまだ暑苦しい時期。徒歩での帰り道を少しでも快適にするため、川沿いの道を通って帰ることにした。
その道は、途中まではサイクリングロード、途中からはサイクリング道路という、ちょっと間の抜けた名前の道。
昼間はジョギングや散歩をする人達で賑わっているのだが、この時間では流石に人の通りは無い。
また、その道沿いに公園、その向こうに新興住宅街があり、街灯もあるが道はかなり暗い。

それでも久しぶりに会えた友人と、当時の思い出話などをしながら、気分良く歩いていた。
少し行くと道沿いの公園が切れ、湿地みたいな荒れ地に変わる。
道自体の暗さも手伝って、正直ちょっと不気味。
そんなことを俺が口にしたら、友人も、確かになんか出て来そうな空気あるよね、とか言い出す。
俺もその友人も、霊感なんぞ無いし、今までそんな経験したことも無い(友人に関しては、俺の知る限り、ではあるが)。
2人で、何か出てきたらどうする?とか言って笑いながら歩いていると、突然後ろの方から「ガサッ」という音が。

一瞬2人とも足が止まり、顔を見合わせる。
するとさらに「ガサガサッ」という音と共に、何か気配が。
2人で恐る恐る音のした方を見ると、小さな人影とさらに小さな影が出てきた。
それを見て、俺も友人も息を吐く。
『な〜んだ、子供が犬でも散歩させてんのか』
お互いにそう思ったんだろう。
『何ビビってんだよ』
『お前もじゃね〜かよ』
とかお互いに笑いながら歩き始める。

…少し行ってから気付く。
ん?
犬の散歩?こんな時間に?しかも子供が?
ちょっと待て!どこから出て来た?あそこは湿地で、人なんか通らないぞ?

なんかおかしい。
そんなことを考えていたからか、歩くペースが落ちたようで、友人も怪訝な顔で俺を見る。
俺の疑問を友人に話すと、友人の表情が凍りつく。その表情が俺の疑問の正しさを肯定していたことに気付く。
うすら寒さを感じながらも、意味も分からず2人で頷き合うと、さっきの影の方を見る。
距離は30m程だろうか、ちょうどそれが街灯の下辺りに来た時。
俺達は見てしまった。
それは確かに犬を連れた子供だった。それが街灯の下でこちらの方を見て立ち止まっていた。

俺の目はそれに釘付け。多分友人もだっただろう。
次の瞬間、その子供が苦悶の表情を浮かべ(そう感じただけかもしれないが)、首から上が音をたててゴロンと落ちるのが見えた。
少し間をおいて、体が前のめりに倒れる。
状況が飲み込めずに俺は立ち尽くしていたが、背後でバタバタする音に気付いて振り返る。
…友人が腰抜かしたのか、足をバタバタさせてた。
『逃げろ!』
そう言って友人の肩を担いでノロノロと走り出す。
そこから少し行ったところに街灯があったんだが、俺達がそこに差し掛かった時、その街灯が一瞬消えた。
次の瞬間、またその街灯が点いたんだが、その光が……赤い!
えっ?と思って立ち止まってキョロキョロ辺りを見回すと、後ろからさっきの人影が。
しかも、さっきより近い!
友人は俺の横で腰抜かしてヒィヒィ言ってる。
もう少しいけば幹線道路に出る。そこまで行けば車の通りも結構あるし明るい、なによりコンビニがある。
もう、そこからは必死で逃げただけ。友人を引きずりながら、汗だくになりながら、コンビニ目指して。

やっとの思いでコンビニにたどり着く。
店内にかけずり込むと、やる気なさげな店員の「いらっしゃいませ〜」。

明らかに変な2人の来店に気付いたのか、どうかしたのかと尋ねて来る。
友人が腰痛めたみたいで、とか適当に答えて、店内で暫く(空が白み始めるぐらいまで)休ませてもらい、そこから帰宅。特に怖い目には遭わなかった。

帰宅後、なかなか寝付けずにいたが、そのとき昔聞いた話をフッと思い出した。
あの辺りで20〜30年前、宅地開発が始まった頃に、首の切断された子供の亡骸が発見されたことがあったらしい。
その子供は犬の散歩中に事件に巻き込まれた、ということだった。
この一件と何か関係があるのだろうか。

ちなみにこれは後で知った話なんだが、その湿地の奥に小さな首の無い地蔵がある。
地蔵があるのは知っていたが、なぜ首が無いのか。
その地蔵は、事件に巻き込まれた子供のためのもので、設置された当初は、首もあったらしい。
だが設置後すぐに、首が無くなってしまった。
その後、不憫に思った両親と近所の人が何度か直したりしても、すぐに首が無くなってしまうため、いつからかそのままにされていたらしい。


次の話

Part210
top