×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[乗っかかるおばあさん]

流れ読まずに投下。
自分が小学4年、姉が小学6年の時。子供部屋で一緒に夜も寝てた。(姉妹)
 夜中に姉が何かうなされてるんで、うるさいなあと寝ぼけ横目で見たら、
姉の蒲団の上に背中を丸くした小柄なお婆さんが正座して、背中を丸くして
姉の顔を覗き込んでいた。着ている綿入れの模様までわかる。
 (変な夢だな〜、ちゃんと寝なきゃ。明日遠足だし〜)と、半分寝ぼけている
自分の耳に「ばあちゃ、降りまっし」(おばあさん、降りなさい)
と、はっきり誰かの声が聞こえた。パチッと眼が覚めて、横の姉を見たら、もうお婆さんはいなかった。
(良かった、やっぱり夢だった)と寝返りうったら、今度は自分の枕元に居た。
きちんと揃えた膝頭の着物の縫い目が見える。その上までは怖くて見れない。
その後(気のせい、気のせい、気のせい〜)と自分に言い聞かせてギュウ〜と
目を瞑ってそのまま朝まで頑張った。無事朝になった。
 朝になって姉と話したら、姉も覚えていた。乗っかられて苦しかったそうだ。
 うちにはお婆さんはいない。親戚にもあんなお婆さんはいない。
 怖かったので、そのあと二人で泣いて親に頼んで部屋を替えてもらった。
変な事はそれ一回。今はその家取り壊されて、もうない。
 小学4年生だった自分にとっては死ぬほど怖い出来事だったので…。


次の話

Part210
top