×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[母親]

『母親』
「おかあさん今日ず〜っと家にいたよね?ね?ゆうちゃん」
私が5歳のある日の夕方、母親がしきりに私に言ってきた。
「おかあさんず〜っと家にいたよね?ね?」
よく解らないけど、「うん。いたよ」って答えたら、母親はすごい喜んだ。

次の日、隣に住む祖母が死体で発見された。一見自殺なのだが、他殺の可能性(遺書がなく、足が悪いのに首吊りをしたことに違和感)もあるとして、うちにも警察の人が来た。

5歳の俺にも聴取のようなことがされたが、ほとんど母についてだった。
実は母と祖母の仲は悪く、元々同居していたのに、新しく家を建て祖母を追い出した経緯もあった。
「おかあさんはあの日ずっと家にいたの?」警察にしつこく聞かれたが、「いたよ」っと伝えた。


その後母に「警察に何聞かれたの?」「ほかには?」「他には?」「ホカニハ?」としつこく聞かれた。
そして、家に居たと伝えたことを言うと、ホッとしていた。


あれからもう20年以上経って、私は会社員として働いている。
13歳で父が死に、苦しいなか大学まで行かしてくれた母には本当に感謝している。


ただ、あの日私がテレビを見ながらウトウトしている間に、母が、裏口から30分ほど家を出ていったのが忘れたくても忘れられない


次の話

Part210
top