×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 [ 的確な助言]

 夏と言えば海!海と言えばスイカ割り!いや〜楽しいですよね。目隠しして「右!」「左!」なんつってね。盛り上がりますよね〜
さて今回は、そんなスイカ割りに関係するこわ〜いお話ですよ。

夏真っ盛りのある日、Aは友人達と海に出掛けた。
海について大はしゃぎ。
水に入って泳いだり、ビーチバレーなんかしちゃったりなんかしちゃってね。
そんなこんなで、誰かが「スイカ持ってきたからスイカ割りしよーぜ!」なんてね。言いだした。
女の子なんか、きゃーきゃー言っちゃって、棒が当たっても力がないのか全然割れない。まぁ女の子が一発で「パカッ」なんて割ったら、違う意味で恐怖だね。
とまぁ、そこでAの出番がきた。

目隠しをしてグルグル回されて「はいっスタート!」
「右!右!」「左!」「斜め左!」なんて、みんな口々に叫んでる。誰が何を言ってるのか、うまく聞き取れない。
『なんだぁ?全然わかんね〜!右?左?割れなかったらカッコワルゥ』
その時…
「左よ」

女の声がハッキリ聞こえた『OK左ね!』
左に向き直り少し歩くと
「そこ、右」

『…やけにハッキリ聞こえるなぁ』
「そのまままっすぐ」
『まぁ、いっか。まっすぐね』
「そこ、目の前にあるよ」

Aは思いっきり棒を振り下ろした。
「ボゴッ」
『やった!手応えあり!』ボゴッグシャッ
何度か叩いた後、女の声がした

「 ザ マ ー ミ ロ 」

『ザマーミロ?は?』
ふと我にかえると周りの歓声が聞こえてきた。
…が、何か違う。
女の子の泣き叫ぶ声、人の悲鳴…
Aは目隠しをはずすのが怖かった。恐る恐るタオルをはずすと 目の前にはパッカリと見事に割れた、人の頭があった。
呆然と立ち尽くすA。
警察に連れていかれたAは必死に説明した。「すぐ耳元で女が言った!その通りに歩いてやっただけだ!」 だが警察からの説明はこうだった。

「周りで見ていた人によると、君の近くにはそんな女なんかいなかった。君が一人で少しも迷いもせず、寝ている男に近付き、躊躇せず叩き割った。」

また、「頭を割られた男は相当のプレイボーイで、泣かされた女は数知れず。中には自殺者もいたようだから…」

終わり

ちなみにこのAは、今まだ刑務所にいる らしいよ


次の話

Part101menu
top