×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 [ほんとにやばい心霊写真]

 たいして、怖くないかもしれないけど、その時は怖かったのでちょいと投稿。
大学時代の話。
中学時代の友達数人と友人Aの家に集まって話をしていた。
深夜で、酒を飲みながらだったと思う。(CDTVとか見てたような・・・)

テレビを見たり、話をしたりしていた時、友人A
 A「この前、高校時代の友達とXX(テレビとかで有名な心霊スポット)に行って来たよ」
俺達「マジ?あそこやばいんじゃないの?」
 A「そこで写真を取ったんだけどさ」
と言って、部屋の端にあった封筒(現像した時に受け取るやつ)を取り、中から写真を取り出した。
俺達はその写真を受け取り、みんなで1枚ずつ見ていった。
XXは山道を登って行くので、目的地に行くまでの道のりみたいな写真が数枚。
目的地の場所(神社?)での写真などがあった。
深夜に行ったので、フラッシュのせいで目が光ったりしていて、面白半分で『こいつの目が怖ぇ〜」とか
言いながら見ていた。
すると友人Aが
A「この写真はマジでやべ〜よ! XXに行って帰り道に撮ったヤツなんだけどさぁ〜」
と言って、1枚の写真を見せてくれた。
写真には、XXの入り口?にある大きな石碑見たいな所で、友人Aを含め5人が写っている。
街灯とかあるので、他の写真に比べると明るくハッキリと友人達が写っていた。

写真を見て、まず目に付いたのが、写っている5人の目が全員フラッシュの反射?で光っていた。
「怖ぇ〜全員、目から怪光線じゃん」とか言ってみんなで笑い、一瞬だけ和んだ。

すると友人Aが
「そうじゃなくって、うしろ。うしろだよ。」
写真は、大きな石碑を友人達が挟むように写っており、その後には林が写っていた。
友人Aはその林の部分を指をさした。
友人達の後ろに木がたくさん写っているが、フラッシュがあまり届いていないので
薄暗く写っている。
「え?どの木?」と聞くと
A「この木とこの木の間に・・・」
と言われ見てみる。すると友人の一人がわかったらしく
「うわ〜 なんだよこれ!」
と騒いだ。他の人達(俺も含め)はよく見えなかったので、目を凝らしてみると
Aが指差した木と木の間に手が写っていた。それも19個(その時に数えた)。

││手 手││
││手 手││ ←こんなかんじで、手がいっぱい
││手 手││
││   ││

写真を近づけてよく見ると、左側の木から左手、右側の木から右手。
ちゃんと開いている手もあれば、開きかかった手もあった。

何がやばいか、始めて気が付いた時は、怖いというより『何じゃコリャ?』という
意識の方が強かった。

一瞬、間が開いて、友人の一人が
「これどうすんの?」
と、問い掛けるとAは
A「ん〜別に身の回りで、悪い事が起きた訳じゃないし。」
A「それに、この写真はこいつら(写っている友達)も知ね〜し」
A「テレビとかの心霊写真特集とかに出したら、金とか貰えっかな?」
とか、のん気に話だした。

「お寺とかに持って行って、御祓いとかしてもらったら?」
「今は、何も起きてないかもしれないけど、これから先に何か起きたら洒落にならんし」
と、俺達はAを説得して、お寺に持って行き、御祓いをするようになった。
とは言え、何処に持って行ったらいいのか解らないし、夜中っていうのもあり、
次の日に、電話で調べて持っていく事にして、そのままみんなでAの家に泊まった。
夜が明け、昼過ぎぐらいに、電話帳で近くのお寺に電話して相談すると、そのお寺じゃダメなので、
別のお寺を勧めてくれた。そして電話をして、『とりあえず写真を見てからどうするか決めよう』と
お寺の人に言われたので、みんなで写真を持ってお寺に行った。

お寺に着き、住職に『先程、連絡をした者です』と伝えると、『とりあえずこちらへ』と言われ
お堂に通された。
お堂に入り、住職に写真を見せた。
始めは、普通に写真に目を通す感じで見ていたが、しばらくすると住職は『ん〜』と顔をしかめた。

住「この場所はXXですよね?」
A「あ、わかります?」
住「毎年ね、XXで写真を撮って、変なの写ったから御祓いして欲しってくるんですよ」
A「・・・」
住「よりによって、こんな場所で・・・」
A「この写真に写っているのってやばいんですか? 特番とかに応募とか・・・」
と、Aが話しをしていると、住職が突然、
住「無理だと思うよ。 ちゃんとした霊能者とかがこの写真を見たら、面白半分で放送はしないと思う」
 「君達は、後ろの木の所に手があるだけだと思っているようだけど、手だけじゃないからね。」
そう言うと、住職は色々と語り出した。

続く