×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[アイスクリームのサービス]

 これは私の父が若い頃に友達から聞いた話です。

 昭和××年4月9日、斉藤一家は父親の仕事の都合で九州のとある団地へ引越しをした。

新しく生活することになる団地でのご近所挨拶も済ませ、
5歳になる息子の洋介を母親である春子は幼稚園バスへ送った。

3ヶ月もすると新居生活にも慣れ、月日はもうすぐ8月を迎えようとする真夏日と
なっていた。

 ちょうど幼稚園も夏休みに入り、洋介は毎日友達と公園へ行ったり、せみ取りをしたりして遊んでいた。

ある日春子は洋介と一緒に公園へ行くと、
公園のそばをバスが通る。そのバスはバスの中で子供を乗せながらアイスクリームを無料で食べさせてくれるサービスをしているそうだ。

ご近所の
奥様達とおしゃべりを楽しんでいた春子は、ちょうどいいから洋介をバスに預けることにした。

洋介やその友達数人もバスに乗り、バスは子供達を
乗せ街中へと走っていった。数時間後、おしゃべりも終わり先に家に帰っていた春子のもとに、おいしそうにアイスクリームを口にくわえながら洋介
が帰ってきた。バスが家まで送ってきてくれたそうだ。それから次の日も、また次の日も洋介はそのアイスクリームバスへ乗りに遊びへ出かけては、
アイスクリームを口にくわえながら帰ってくる日が続いた。

そんなにバスが楽しいのと春子が聞くと、洋介はアイスクリームがおいしいんだと答えた。
よほどおいしいアイスなのだろう。アイスは無料だし、子供の世話を代わりにしてもらった上毎日ちゃんと家まで送り届けてくれるそのバスを便利に
思い、春子はなんの疑問も持たなかった。しかしそれが良くなかったのだろう。

そんなある日、洋介の友達の母親(恵子)が春子のもとへ相談にやっ
てきた。事情を聞くと、アイスクリームバスから帰った子供の様子がおかしいらしい。

夕飯も食べずに毎日毎日アイスクリームばかり食べているのだと
いう。そういえば最近自分の息子もアイスばかり食べていることを思い出した。続く

次の日の朝、恵子が子供を起こそうとするとなぜか子供の姿がない。不安になった恵子は誘拐にでもあったのかと思い、春子や近所の母親達に相談し
たり警察に捜索願いを出した。子供がいたはずの子供部屋は夏場の湿気のせいなのか、大量の水がこぼれたかのように濡れていた以外なんの形跡もなく。

続く