×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[先祖の逆鱗に触れる]

 昔家の庭の片隅にあったでかい石に座ったり上で踊り子のまねを友達としたりして遊んだら
その日から2週間以上39度の熱。おまけに意識混濁。
両親は死装束の武家(白い裃もさることながら、髷の結い方で分かったらしい)に叫びながら斬られる夢を続けざまに見た。
医者に見せても駄目、懇意にしていた檀那寺の和尚さんに(どうやら俺が死んだときの葬式のことで)相談したら
「この子はいったい何をしたんだ!」と怒られたらしい。
仏間に変な幽霊がいたり、挙句武士らしい男が端座して俺の枕元に座っていたのを見たそうだ。
知り合いの和尚さんと二人でやっと鎮め、俺も起きてるときに謝らせ、数珠を装備させてやっと治った。
直後、石のところに戻ってご馳走をあげ、俺は頭を擦り付けながら拝まされた。

後で聞いたところによればうちは何代か前の先祖が武家で、江戸時代に一度血筋が変わったらしい。
んで前の一族の最後の当主は何かの不行跡で切腹し、家名のみ縁者に与えたんだとか。
その石と言うのはその人の墓で、代が代わるごとに詣でるしきたりだったとか。
子供の漏れにそんなことは分からず、無茶苦茶をしてその人を怒らせたと言うこと。
危うく取り殺されるところだったそうな。仏間の霊はその人に惹かれてやってきた連中で、直接の関係はないそうだけど。
書いてて心底ぞっとする。


次の話

Part101menu
top