×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[お札の家]

2年程前の話ですが、つい最近完結(?)した話があるので書いていこうと思います。
長くなりそうで申し訳ないのですが、霊感0の自分が唯一味わった霊体験です。

広島県F市某町、地元の人間なら誰もが知る有名なスポットがある。「お札の家」と呼ばれたその場所には、名前通り無数のお札が貼られた家がある。
他の噂ばかりのスポットとは違い、ソコを訪れた大学の友人はほぼ全員が不思議な体験をしたという。
普段霊感のない人にも見えるらしい。

友人の話
「家の周りだけ不自然に濃い霧が覆っとったんよ、んで冗談半分で霧に塩投げたらいきなりブワッと霧が裂けたんじゃーw流石にヤバ過ぎる思って逃げたったw」
どうやら異様な数の霊が集まってくる場所で、見える人によればお札に阻まれ家に入れない霊がウヨウヨいる、とのコト。
上の友人のコメントは印象強くて今でも忘れられないが
「霊感が無くても見えた」霊感の無い自分にとってはいつか行きたい魅力的なスポットだった。

ふとした日、ファミレスでの食事中にお札の家の話を切り出した。
居合わせた仲の良い先輩とその彼女、友人S、はヤケにノリ気「今すぐ行こう」となった。元々地元の先輩と彼女は高校時代に行ったことがあるらしかったが、恐くて車を降りれなかったらしい。他県からきていたSは特にノリ気だった。
話を出した後で少し恐くなり後悔したが、遅かった。

自分「いや、ホンマにヤバいらしいで?ソコ行って一週間寝込んだヤツとか、帰り事故ったヤツとか普通におるらしいで?」
S「今さら何ビッっとんw俺霊感あるし、子供の頃から普通に霊とか見ようたし、その気になりゃ霊にもキャン言わしちゃるけぇねw」

自分は内心コイツ馬鹿だなー、と思っていたが
本当に危ない霊がいたらすぐに教える、お前を先に逃がす。
と言われ普段から怖いもの知らずで気が強いSが同伴するということもあり、お札の家に行くコトを承諾してしまった。

時間は大体23時を回ったくらい。心霊スポットに来るには早い時間だったが、お札の家に続く林道は重々しく、暗いってだけで雰囲気があった。

車から降り「うっわ、やっぱヤメといた方がエエんと違うーっ!?w」等とハシャイでいたが、先輩カップルが車から降りて来ない。
自分「どぉしたんすかー?w」
先輩「R(彼女)が気分悪いから無理やって、俺も残るわ」
S「えぇー!せっかく来たんすから見るだけ見に行きましょうよー!」
先輩「いやいやホンマにえぇわ、お前ら二人で行ってき」
S「何ビッてんすかw霊なら俺に任しといてくださいよー!」
先輩「うるしゃーわお前!!Rが気分悪い言うとろうが!!調子に乗んな!!」

半分喧嘩になりかけたので慌てて止めに入り、渋々二人きりで行くことになった。
S「あーもー何なん!?絶対あの二人車の中でエロいコトする気やで」
自分「こんな所てそれはないじゃろ…てかお前先輩に態度デカ過ぎ」
S「戻ったら思いっきり窓ガラス叩いて脅かしちゃろうでw」
自分「…」

呆れて言葉も無かったが、急に視界に飛込んできたバリケードに驚き、立ち止まってしまった。

S「…こっからが本番っちゅうコトかw」

ここから先○○市保有地区により立入り禁止。

有刺鉄線まで使われた厳重なバリケードだった。乗り越えることができなかったので、一度林に逸れて、の有刺鉄線が途切れた所で乗り越え、また道に戻り先に進んでいった。

続く