×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[あけれません]

俺の姉ちゃんの体験した話。
真冬の物凄い寒かったある夜。
姉ちゃんがベッドに寝てると、
自分の頭の横で、
何かバタバタ音がするから、

「うるさいなー」

と思いつつ、
何かを確認しようとして目を開けようとしたが、
目が開かない。

それと同時にバタバタという音がだんだんデカくなる。

「うわー何?何?」

って姉ちゃんが焦っていると、
いきなりその何かが胸に乗ってきた。

ピョンピョン跳ねて、キャッキャッ笑ってるらしい。

明らかに小さい女の子の声だ。

もの凄い汗をかきながら、
姉ちゃんはわけわかんない念仏を唱えてると、
「目を開けて見て」って声がした。

姉ちゃんは、

「あけれません…」

と呟いてみると、
その何かが、

「目を開けて寝ると、まーるいお菓子が貰えてね。
大丈夫なの。
だからまーるいお菓子が貰えてね大丈夫なの。」

と繰り返す。

姉ちゃんは、
無理だと思いつつ目を開けてみると、

そこには、どこにでもいそうな、
女の子が、馬乗りになって姉ちゃんの上に乗ってる。


姉ちゃんは気が遠くなり、
そのまま、意識がなくなった。


次の日姉ちゃんにその話を朝から聞いた。

「ねーよwwwwwwwwww」

って俺は笑いながら茶化した。
「そうだよね?サーセンwwwwwwwwww」
って姉ちゃんも笑ってた。

それが、
姉ちゃんと喋った最後の会話だった。

姉ちゃんは、
その日の通学中に車にひかれて死んだ。


目を見開いて。


葬式の時に、
お供え物の準備をしてると、
親戚の女の子が、俺のとこに走ってきた、

「これね、みっちゃんがね、お兄ちゃんに渡してって」

って言うから、

俺はテッキリその見知らぬ親戚のみっちゃんて子が、俺にお菓子をくれたんだなって思って、
ありがとうって、
受け取った。

「みっちゃんって誰?」って女の子に聞いてみると、

「みっちゃんはね、押し入れの中に住んでるから、外に出れないんだって
でも、もうすぐ出れるって」

俺はそれ以上何も聞けなかった。


女の子のくれたお菓子は、丸い旨そうな、まんじゅうだった。


次の話

お勧めメニュー4
top