×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[カウントダウン]

私が小6のときの話。
私が通っていた学校は創立100年を超した、そこそこに歴史ある学校だった。
今は新しい校舎になってしまっているが、私が通っていた当時の校舎は築50年は経っていそうな
古い校舎だった。
で、他の学校に漏れず、私の学校にも七不思議っていうかまぁ、3つほどの怪談があった。
1.屋上が閉鎖されているのは、昔自殺した児童がいたから。その児童の幽霊が、
自分の落ちた場所→職員室前の廊下→屋上に通じる階段(名称:西階段)→屋上→落ちた所
ってさ迷い歩いている。
2.学校のジャージが青いのは、↑の児童が自殺した当時のジャージの色が赤だったから。
3.この学校を建てるとき、白蛇を殺してしまった。その白蛇の呪いで、運動会のときは必ず
雨が降る。(この噂は本当。運動会となると必ず雨が降っていた)

で、私が体験したのは多分1の怪談。

卒業ということで、学級のレクリエーションで、バーベキューと肝試しをすることになった。
私は肝試しでおどかし役になった。他のおどかし役の子たちとブル○ックで火の玉セット
みたいなのを買ったりして、結構楽しみにしていた。

そして当日。

バーベキューをして、ある程度日も暮れてきた頃、私達おどかし役組は準備のため一足早く
校舎の中に入った。暗くなった校舎の中は普段とは違って不気味で、古さも相まって結構
雰囲気があった。私は二階と三階の間の階段を走って昇ったり、降りたりしておどかす役だった。
上履きでパタバタと走る音は壁と壁に反響して、中々に恐そうだった。
この役は私一人だったので少々恐かったが、二階の階段の隣の部屋には他のおどかし役が二人いたし、
三階にも六人ほどいたので、それほど恐怖心は湧かなかった。
そして肝試しが始まった。
回る順番は、玄関から入って→一階の階段→二階の教室→もう一つの階段で三階へ
→三階の廊下→階段前でUターン(このときに足音を出す)→あがってきた階段で一階へ→玄関
という順番だった。

結果は大成功。みんな大いにびびってくれた。
そして最後の一組が終わった。(この時点で私は二階にいた)
各々の教室からおどかし役の子達が出てきて三階に居た子たちも来て、さぁ下戻ろう、というとき。

きゅっ・・・きゅっ・・・

と誰かが階段を上ってくる微かな音が。最初は「まだ誰かいた?」みたいな感じで耳を澄ませていた。
ところが。
きゅっ・・・「・・・」きゅっ・・・「・・・ん」きゅっ・・・「じゅう・・・」
何か声が聞こえる。足音は一階の踊り場あたりから聞こえてきた。
きゅっ・・・「ろくじゅぅ・・ち」きゅっ・・・「ろくじゅう・・・なな」きゅっ・・・「ろくじゅう、ろく」

続く