×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[真夜中の訪問者]

私は父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。
(現在結婚して家は出ていますが)
私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。

夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。
丁度その日は母と夜中までおしゃべりをしていて二人とも起きていました。
「こんな遅くに誰だろね」なんて話しつつ、
私が「はい」とインターフォンをとりました。
そうすると女性の声で

「あの…あの…突然すみません…。
 今晩、あの…泊めて頂けませんか」と。

声の感じでは40代ぐらい。その妙におどおどしていた感じが気になって
「え?泊めてくださいって母の知り合いの方ですか?」と
聞き返しました。すると相手は

「いえ…全然違うんです…あの…私近所のマンションに住んでまして
 あの…私会社をクビになって…あの…
 もう住む所がなくて…だから泊めて頂きたいと…」

話がよく理解できなかった私は
「母の知り合いではないんですね?でも泊めるのは…」と
おろおろしてしまいました。そこで見かねた母が
「私が変わるから」といって、インターフォンで話はじめました。
私は一体なんなんなんだろ?と思って、
玄関の窓越しに相手を見に行きました。

私が玄関の窓越しにみたその女性は、明らかに変な人でした。
まず、顔はもうどうみても50代なのに金髪の長髪。
白い帽子をかぶっていて、明るい緑のブラウスに
赤地に白の水玉のふわっとしたスカート。
右手にはたくさんの物が入った紙袋を持っていました。

その様子をみて、「これは変な人だ!!」と察知した私は
まだインターフォンで話している母に
「ちょっとママ!玄関に来てる人、絶対変!
 怖いからもうやめよう!
相手にしないで『駄目です』っていって断ろう!」
とまくし立てました。

そしたら母は「ははははは」と笑って
「なんかこの雨の中、傘もなく歩いてきたんだって。
 怖いなら傘だけでも貸して帰ってもらおう」
と言うじゃありませんか。
その日は確かに雨がざんざん振りでした。
私はもうその人の外見をみてるので泣きたくなって、
こういう事にだけは度胸がある母をうらみました。

私は怖くなったので、玄関から離れた奥のリビングで
玄関の様子を伺っていました。
母が玄関を開けて話している声が聞こえてきて
しばらくすると「家には入れられません!帰ってください!」と
母の怒鳴り声が聞こえました。

続く