×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[襲うモノ]

新宿のラブホの話

部屋に着くなり彼女(来る前、街で会った)が急に帰りたいと言いだした。「なんで?」と聞くと部屋の隅で女の人がこっちを睨んでいると言った
俺には見えないから「テキトーに理由つけて帰ろうとしてるな」と思い無理矢理ベッドに押し倒し、襲いかかろうとした瞬間
俺は急に誰かに後ろから首を絞められた
「誰だ…よ!」とその腕を掴み払い除けたら
ヤクザみたいのが「俺の女になりしとんじゃあああぁぁぁ!」と怒鳴ってきた
俺は気が動転して「はひ?お知り合いの方?」と言い、逃げようとした。すると「お前、女に無理矢理襲いかかっただろ?警察に突き出してもいいだぞ。こっちはお前の素性はしってんだからよ」
「はい、確かに彼女に洗い浚いしゃべりましたし…あれ?彼女がいない…」

俺は財布から持ち金全部置いてホテルから出た。するとさっきの彼女が待っていた
「私も脅されたんです…ひどい事されませんでしたか…?すいません…本当に……」
「そうなんだ…。でも金は取られたけど、何もされなかったよ。気にしないで」と言うと
「ありがとうございます。でも女の人がいたっていうのは本当なんです。あなたの首を絞めてたのも…」
「…え?」
というと遠くから

ピーポーピーポー

救急車がホテルの前に止まった。しばらくすると一人の男が運ばれてきた。さっきのヤクザだった。男は真っ青な顔で「俺じゃない俺じゃない」とブツブツ言っていた。その首には手の跡がくっきりとついていた


次の話

Part210
top