×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[感電とは違う?]

 私が小学生の頃に実際に体験した話です

当時、休日を利用して家族で日光江戸村へ遊びに行きました。
家族と一緒に一通り周辺施設を見回っていると、
猿軍団の催しを行っている会場を見つけました。
私を除く家族の皆は「面白そうだ」と
その催しを見る事にしましたが、私だけはつまらなそうだったので
一人で外をブラつく事にしました。

散歩していると猿山を発見。
近づいてみると、近くに
「危険!高圧電流あり!手を触れないで下さい!」
と書いた立て札がありました。猿脱走防止用に高圧電線が張られているようでした。
しかしそれを見た小学生の私は
「こーあつでんりゅーって何かな〜?」
と興味本位で手を伸ばしてしまいました。
字は読めたんですが、その意味が分からなかったのです。
次の瞬間、背中を思いっきり平手打ちされたような強い衝撃が
全身に走りました。

手を触れるな、と書いてあるにも関わらず手を伸ばした私の事を
誰かが叱る意味で、背中を思いっきり叩いたのだと思ったのですが、
後ろを振り返ってみても誰も居ませんでした。
怖くなった私はその場を一目散に逃げ出しました。

 


次の話

Part101menu
top