×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[笛の音]

 一年前の事。俺の通ってる学校の近くに「アカシロタンク」ってよばれてるその名の通り赤と白のチェック柄(?)の給水塔があるんだけど、
そこは結構昔から居るんだってそんな話が流れてた。
けど、そんな事も忘れて、そこで俺と後輩とで遊んでたんだ。
時刻は8時。夏だったけど結構暗くなっててさ。
みんな疲れてきてた。
俺が「そろそろ帰ろうか?」って言うとみんな同意。
鞄を持って坂をおりていた。。。。
坂の途中の外灯の側を通る。一瞬悪寒がした。誰かに見られている。
その旨をみんなに伝えようと口を開こうとした時だった。
ピー…
………何だ?「誰か口笛吹いた?」俺が尋ねる。全員首を横に振る。
と、また
ピー…
この音は明らかにソプラノリコーダー(小学校で使うやつ。)
しかも何も押さえずに吹いた音。タンク本体の方からそれが聞こえた。
さっきも言ったが夜8時。暗い。そんな時間に小学生が一人でこんな場所に
笛等吹きにくるだろうか?…ありえない。
特にタンク周辺は暗いので、こんな時間人も寄り付かない。
寒い…夏なのに何故?俺はとりあえずどうしようかと考え、口笛をふいて見た
ヒュー!口笛が響いた。数秒後。ピー…
鳴った。答えるようになったのである。
みんな怖がって足早に出口へ向かった。(といっても出口の門までは
十数メートル)
出口付近で振り返ってみた。一瞬白い陰が横断した。
ローブを纏った様な感じの白い陰が。
その後、視線は消え、やっと落ち着きを取り戻せた
あの笛は?あの陰は?いっさいの事がわからない。
沖縄人で、俺と同じ様な体験をしたやつは、知らせて欲しい。


次の話

Part101menu
top